【直筆サインを買う】Fanatics Authenticのここが凄い

FANATICSメモら

Q.ファナテック社の凄さは何ですか。
A.各リーグの公式パートナーという抜群の信頼感と選手の直筆サイン入りの実使用保証書です


リーグ公式パートナー
MLB中継とかでこういう風景を見たことがありませんか?
Fanatics seen1
Fanaticsseen2

Fanaticssportsは各リーグの公式パートナー。傘下にはあのマジェスティックなどを有します。
Fanaticsofficialpartner
そしてこのFanaticsのスポーツAuthentic部門がFanatics Authenticなのです。

 

直筆サインアイテムから実使用アイテムまで手掛ける
先にお話ししたとおり、他ブランドは「直筆サインアイテム」か「実使用アイテム」のどちらかに注力するのですが、ファナテックは両方を手掛けています。
これはアパレルメーカーとしてのマスプロダクトへの強みと老舗メモラビリア会社であるMounted Memoriesが有していたノウハウを活かした結果でしょう。
また両方手掛けるだけの体力もあるということです。

 

実使用アイテムの保証書は選手の直筆サイン入り
Fanaticsの実使用アイテムの特徴は、選手の直筆サインが入っている保証書が付いているところです。
Correacoa
保証文言を選手が確認した上でサインしているので、本物の実使用である確証が高いといえます。

 

シュタイナーを新たに傘下に加え、より部門を強化。
2019年にニューヨークにあるメモラビリアブランドであるsteinerを傘下に加えました。
シュタイナーはNY球団にめっぽう強く、ニックス、ヤンクスのgame issue、game usedアイテムでは、石を投げればシュタイナーの保証書にあたるほど。
早速2019NBAドラフトでは、1巡目3rdピックでニックスがRJ barrettを指名すると、Fanaticsは間髪入れずにバレットの直筆サイン入りキャップやボールの広告を出してました。
このあたりはsteinerの強みを最大限に活かした戦略と言えるでしょう。
Fanaticsad

公式パートナーの強みを持ち、メモラビリアも拡充するFanatics Authenticは今後ますます存在感が強まると思われます。

1 thought on “【直筆サインを買う】Fanatics Authenticのここが凄い

  1. ピンバック: 【実使用】実使用バットの鑑定(その1) | サイン、co-sign、淡々と

コメントは停止中です。