【実使用】実使用バットの鑑定(その1)

Sister gu bat

Q.バットにも鑑定書はあるのですか。
A. 直筆サインに関する鑑定書や、実使用に関する鑑定書があります。


バットの鑑定書の書式の違い

バットに関する鑑定書(LOA)は3種類あります。
①バットに書かれているサインに対するLOA

-ebayより引用

②バットが実使用(GU)であることに対するLOA

-PSAより引用

③実使用バットの状態評価(グレーディング)に対するLOA

-Goldin Auctionより引用

注意すべきは
直筆サイン入りGUバットでも、付属しているのは「直筆サインのLOA」だけの場合もあることです。

そのため、付属しているLOAが「何を鑑定しているのか」をあらかじめ確認しましょう。

LOAの記述を読んで貰えば、上の①〜③いずれに当たるかは分かりますが、
掲載されている写真を見ることで見当をつけることができます。

②③と違い、①は掲載されているバットの画像は、直筆サイン部分のみです。

-同上

また②と違い、③はLOAの下部中央にグレーディングが記載されています

-同上

このような構成の違いを踏まえてから読み込むことで鑑定内容がより理解しやすくなります。

 

サインLOAのみの課題
では、直筆サイン入り実使用バットに付属している鑑定(COA)が直筆サインのLOA(①)だけである場合について考えましょう。

これに何のリスクがあるかというと、
ブログにも書いた通り(https://sign-give.me/signed-used-different/)、「サインした選手」と「使った選手」が同一であることが明らかではないという点です。

更に、フェイク業者がバットに使用感を付けたうえで、「選手実使用のバット」と偽って販売することもあります

 

直筆サイン入り実使用バットに必要な鑑定書

直筆サイン入り実使用バットを求めるなら、以下のいずれかの鑑定書付きが望ましいです。
A.サイン鑑定書+実使用鑑定書(PSA/DNAなど)
     ※1つのLOAが兼ねているケースもあります。
B.サイン鑑定書+リーグのauthen tication(MLB Authticationのホログラムシールなど)
C.「●年GU」の選手直筆のインスクリプション付きサインの鑑定書
D.選手の直筆サイン入り鑑定書(鑑定書の内容は、本人のサイン&実使用であることの証明)
    参考:https://sign-give.me/fanatics-authentic/

その2に続く)