【Fake/Forged】Zion williamson Custom Card(Fake Card)問題


背景と概要
2019年7月5日時点において、Zion williamson(Duke 2019draft1位でペリカンズへ)のcustom Cardがebayに多数出品されいる。

この状況につき『blowout Card』が、2019年7月5日に権利関係を無視したfake Cardが多数野放しになっているとブログで伝えた。

 

そしてその翌日(2019年7月6日)、Panini AmericaがZionのfake Cardに権利を侵害されたとして、Fake Cardを作成しebayに出品していた1社であるKollectorsvolt LLCを訴えたと『Sports Card Radio』が報じている。

 

問題点
訴状によるとPaniniはKollectorsvolt がFake Cardに使用していた「Rated Rookie」のロゴが自社が有する商標と同一であり、これにより権利を侵害されたと主張している。
前述の『blowout Card』は、今回のFake Cardで権利を侵害されている関係者を以下のように整理している。
①自らの肖像を勝手に使われた選手
②カードのデザインや商標を無断使用されたカードメーカー
③チーム名やロゴを無断使用された大学、NBAチーム、リーグ
④自らが撮影したZionの写真を無断使用されたフォトグラファー
このうちの1つがPanini Americaだとしたら、Fake Card メーカーは、他の関係者からも同様に訴えられる可能性がある。

 

Paniniの主張
訴訟において、PaniniはKollectorsvoltに対し以下の請求を認めるよう裁判所に訴えている。

①フェイクカードを仮差し止め&差し止めする

②(仮)差し止め期間中、Kollectorsvaultはパニーニへ30日毎に法令遵守状況を報告する

③ Kollectorsvaultはパニーニが被った損害を賠償する

④「懲罰的損害賠償」※が認められること

※「懲罰的損害賠償」とは相手を懲らしめるために、被った損害以上の賠償をさせること

 

本件の解釈

カード業界での無体財産権は、メーカー同士で法廷(例 Media Tech vs UD, UD vs Topps)で争うほど重要であり非常にセンシティブである。

今回の件ではそのあたりに無関心であった個人及び小規模会社が不用意に権利を侵したため、NBAトレカの独占的ライセンスを有するPaniniが侵害行為の排除に乗り出したといえる。

なお、訴状によると本提訴の前にPaniniはKollectorsvaultに対し、ロゴ使用の停止を通知したようである。しかしながら、これにKollectorsvaultが従わなかったため、訴訟に踏み切った。

訴訟提起直後の様子

Paniniの訴えが伝えられた2019年7月6日時点でebayの出品を確認したところ、「Rated Rookie」のロゴを使用したZion Fake Cardの出品数は減っていたが、ゼロとは言えず、またUDが権利を有する86Fleerのデザインなど他関係者のパテントを無断使用したFake Cardなどは減少しているようには見えなかった。

現状を踏まえるなら、今後、他の関係者がPaniniと同様の措置に出る可能性は否定できない。

2019年7月7日追記

KollectorsvaultはザイオンのRC以外でも「Rated Rookie」のロゴを無断使用してカードを作成していた。
pic.twitter.com/BbddVIuMSg


上記3点の画像は「pic.twitter.com/BbddVIuMSg」より引用。