【直筆サインを買う】直筆サインはどう購入する?

Ruth&Gehrig singed ball

ベーブルースとルーゲーリッグのサインボール(eBayより)

 

 

Q.直筆サインの買い方自体がわかりません。
A.ショップやオークションで探して買えます。

まずはポイントを押さえよう。

直筆サインを買うときの大まかなポイントは次の3つです。

Signprcess

直筆サインを買うプロセス

  後述しますが、直筆サイン初心者の場合、最初はトレーディングカード(トレカ)の直筆サインを探すのをお勧めしますので、以下、トレカを例にとりつつ説明します。    

 

同じ選手でも直筆サインのデザインが変わっていくことがあります。

スポーツ選手のサインの時々で変化していきます。新人の頃は丁寧だったものが段々と簡略化されていったり、漢字からアルファベットに変わったり。

具体例として広島東洋カープから大リーグ・ロサンゼルスドジャーズに移籍した前田健太投手のサインの変遷をたどってみましょう。

プロ入り直後

Maeda rookie auto

エース昇格後

Maeda pro auto

メジャー移籍後

Maeda mlb auto

直筆サインの形が大きく変わっていっているのがお判り頂けると思います。 このようにデザインを見比べて好きなものを探すのも直筆サイン蒐集の楽しみ方の1つですので、どんなデザインの直筆サインを買いたいのかよく選んでみましょう。

 

直筆サインを探す&買うのは、専門店(リアル&ネット)かネットオークションで。

直筆サインを探すには、ネットオークションか専門店をのぞいてみるのが良いでしょう。

トレカ専門店の最大手・ミントチェーン

Mintmall

https://www.mint-mall.net

ヤフオク!

Yahooauction

ヤフオク!トレカオークション例

選手名などで検索をして、どんな直筆サインがいくらぐらいなのかドンドン見て回りましょう。  

 

直筆サインが本物かどうかよくチェックしよう。  

直筆サインを買う上で一番大事なのが「本物かどうか」ということです。

Trueorforge

ニセモノはあたかも本物のようにして存在しています。

直筆サインには偽物が少なくありません。 極端な話、サインペンとインターネットがあれば、ネットで直筆サインの画像を探して、それをなぞれば簡単に偽造ができてしまいます。

でも素人が筆跡鑑定をするのはまず不可能(私もできません)。
また慣れてくれば鑑定書の見方もわかりますが、最初はどの鑑定書がどのくらい権威があるのかなんて知る由もありません。

なので、冒頭で述べた通り、初心者にはトレーディングカードをおススメします。

トレカには「直筆サインが書かれたもの(直筆サインカード)」としてよに出るものがあり、これらは本物としての信用力が極めて高いのです。

信用力が高い理由として
①選手または球団等所属団体とサインを発行する契約を結んでいる発行会社の知名度が高い
②直筆サインカードと保証書が一体となっている
③偽造がしにくい工夫がされている ということが挙げられます。 具体的に見てみましょう;

KojiYamamotoAuto

ベースボールマガジン社発行の山本浩二直筆サイン

まず①カードの発行元はベースボールマガジン社。週刊ベースボールなどスポーツ界と密接な関係を持つ会社です。
また②カード裏面(画像右側)が直筆サインカードの証明書になっています。
そして③サインがホロシールになされており、かつシールとカード台紙の継ぎ目にはベースボールマガジン社のエンボス印(刻印)が押されています。

どうですか?素人にはちょっと偽造が難しそうな処理がなされているでしょう。

また週間ベースボールやスポーツ雑誌を発行しているベースボールマガジン社なら、もともとあるスポーツ界とのパイプを活用して直筆サインを入手することは容易でしょうし、ましてや偽造して選手との信頼関係を壊すということはしないだろうと想像できると思います。  

 

さあ、欲しい選手を決めて、専門店やオークションでトレカを探し出して、本物らしいと確信できたなら、あとは買うだけ。 ぜひ、素晴らしい直筆サイン蒐集の世界に一歩踏み出してみてください。